--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.14
Tue
家族総出でジャマイカ行ってきました。

飛行機のトイレは国籍問わず男の人の後に入るとかなりの確率でシッコ流してない・・・まるで縄張り
Flush the toile〜t!

遠いのでアメリカのマイアミのホテルで一泊。
母が泊まる部屋に母のスーツケースを置きに行った旦那さんと私が部屋を開けた瞬間、
「おぉ!待ってたよー!」
みたいな陽気な数人の声が聞こえ、旦那さんまでヨーッ!とか言ってたので同級生でも偶然おったんかと見ると、母の部屋で見たことない東南アジア系の人達がブリーフ一丁で笑っていた。
あれお母さんが先に開けんで良かったなー、逆にお母さんもオッスとか言って一緒にまざっておったらビックリするけど、とか言いながらフロントに行って部屋を変えさせた。

ちなみに復路に寄ったロスのホテルでも誰かおる部屋の鍵渡されて、ほんといい加減なもんだと思った。

ジャマイカのキングストンへ着くと、妹と妹の旦那さんが車で迎えに来てくれてて、昼ごはんまだ食べてないと言うと、ジャマイカ定食を持ち帰り出来る店に寄ってくれた。
初ジャマイカローカルにドキドキしていると、反抗期ぐらい一挙一動全てダルそうにしていたレジのお姉さんが、まだ注文してないのに事務所に引っ込んで出て来なくなってしまった。
「客おるのにどこ行ったんあの人!」
と一緒にいた妹に訴えると
「大丈夫。みんなあんなんよ。ごめんなお腹空いとる時に。」
と普通に言っていた。
客が二・三人並んだのがレジのお姉さんを現実逃避させたのだそうだ。
もっと、頑張ろうや…。
やっと復活したお姉さんは相変わらず始終ツンデレのご様子。
というかデレは無く最後までツン。
この出来事がこの旅一番のカルチャーショックとなった。

妹の家は、ソファーに座ってキングストンの景色が眺められるアップタウンのめちゃめちゃ良い所にあった。
妹の旦那さんもせっせと世話してくれて旦那さんの実家にいる家族も素敵な人達だった。
何より妹が大切にされて幸せに暮らしているのが間近で実感できて良かった。

唯一ネットで日本からメニューを完全予習してきた日本食レストランCOCOROは出てくるどの料理もかなり美味しくってついつい食べ過ぎ、震えるくらい満腹になったので、日本から食べようと狙っていたデザートまでは食べられなかった。

観光はブラックリバーの川下りワニツアーで出没しまくってだんだんありがたみが無くなるワニを見たり、
↓は船上ガイドさんとワニを触る母
ワニ
モベイアンダーシーツアー
海中展望船
美術館と動物園にも行った。


モベイでは妹がネットで探しまくって見つけてくれた、オールインクルーシブのリゾートホテルに泊まり、プールのウォータースライダーで子供以上に大人がはしゃいだ。
海

ホテルの部屋からの眺め。
サンセット
リゾートには全く興味が無かったが、この眺めを見てから考えが変わった。
これなんかポストカードみたいで、Jamaicaて白の筆記体を斜めに入れたいくらい。
ここは楽園ですか?って思った。
今まで見た中で一番の景色、たぶん私の三途の川としてはコレが出ます。

ジャマイカ最後の晩、ずっと運転してくれて疲れてるだろうに、妹の旦那さんが腕によりをかけて手間のかかる魚料理を作ってくれ、家族も集まってくてみんなでお別れ会を開いてくれた。
よりによってそのタイミングで私だけ食中毒で途中退席。
みんなと同じ物を食べてきたし潜伏期間とかあるから原因はその魚じゃないだろうけど、日本に帰って携帯で撮ったムービーを何気なく見直してたら妹の旦那さんが料理しながら塩をひとなめふたなめみなめ以上何度もなめて味見してるとこが映っているではありませんか。
『これじゃー!!』って吹き出した。

ジャマイカはどこでもレゲエが流れててみんな踊ってるイメージがあったけど、ちょんまげに芸者ぐらいの間違いだった。
見ず知らずのお姉さんに妹の旦那さんが道を聞いた時なんか、自分が行かない所まで車でわざわざ回り道して先導してくれたりと、ジャマイカには親切な人が多いという印象が残った。
comment 2
08.13
Wed
西日本放送の天気予報の最初と最後に一瞬出てくるイラスト。
夏の風物詩ですね~スイカ割り。
卑怯
お父さんずるい!!目隠しはせんし近いしずるい!!
comment 0
01.07
Mon
渡辺鐘さんの「3のつく数字とと3の倍数でアホになります」を、母が
「これこれ私知っとるわ!!」
と私が世界のナベアツをテレビで見てるのにテレビの横で同時に真似しはじめた。
予想に反した母の壊れ様(特に30の段)に、久し振りに声が出ないぐらい笑った。

あんなに笑ったのは、あの時以来。
クリスマス頃、旦那さんのデザイン事務所の裏側の窓を覗いているサンタ ( の恰好をした人物 ) にI君がびっくりして大声をあげたという話を聞いた時以来だ。
ピザの配達のお兄ちゃんが入り口が分からず、困って窓から覗いていたのだそうだ。サンタのまま。

イメージ
サンタ


母が壊れた日、妹が仕事から帰ってきて再び母に3と3の倍数をまたやってもらうと、全然別物になっていてちーっとも面白くなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年末年始は旦那さんの実家で過ごした。
みんなで外食した時、好きなおもちゃをお嬢ちゃんにどうぞとお店のおばちゃんからいただいた。
娘はもらった人形の髪をとかして遊ぶのだが、とかして遊ぶ人形にしては髪の毛が少ないうえにとかすたびにごっそり抜ける。
どうなっているのかと思って見るとこうなっていた。
必要最小限の毛根

旦那さんのお父さんやお母さんやみんなで人形を回し見て、これはヒドイ!とヒーヒー笑った。
comment 9
12.04
Tue
テレビのデーモン閣下を生まれて初めて見た娘がびっくりした様子で

 「 これは…王様? 」

と聞いてきた。

テレビで見た芸能人などを絶対に忘れない娘が、激安スーパーの駐車場で颯爽と車に乗り込もうとしている白いシャツの男性に向かって

 「 千の風になってのお兄さんじゃ! 」

と、ありったけの声で叫ぶという事件が。

私はガビーンと棒立ちになったが、お兄さんは聞こえる前に颯爽と車に乗り込んで聞こえてなかったみたいでホッとした。

千の風になってのお兄さんって、風の谷のナウシカみたいではあるけど言われた方はきっとショックを受けるに違いない。
(秋川雅史さんというよりは嶽本野ばら先生似のお兄さんが)


・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワールドカップバレーを興味が無い分際で会場最前列で見せてもらってたら、オーストラリアチームの人が無表情で娘にコアラの人形を渡してきた。

会場で見ると迫力があって、観客の半分はブラジル人のブラジルサポーターで賑やかだった。

思った以上にボールが飛んできていたので、行く直前に友達に送った「当たって死ぬかも」メールがあながち冗談とは言えなかった。

後ろ向いてる人がコアラくれたその人です↓
プリケツ王子


【超レア!オーストラリア人にもらったコアラ(旗付き)】
現在の価格: 98000 円
残り時間: 7 時間 (詳細な残り時間)
最高額入札者: yuko
数量: 1
入札件数: 135 (入札履歴)
開始価格: 10 円
入札単位: 10 円
出品者: yuko(非常に悪い出品者です)
開始日時: 12月 4日 22時 00分
終了日時: 12月 11日 22時 00分
コアラ

激しい応援により旗が破れ、左小指が折れていますので、神経質な方の入札はご遠慮下さい。ノークレームノーリターンでお願いします。
発送&送料はヤマト引越し便で1万円からです。(お手元に届くまで、一ヶ月以上かかります。)

※ヤフオク、落札はあっても出品したことなかったな…
comment 6
08.16
Thu
お盆真っ盛りの昨日。
花火をした後で母の部屋に行った娘を 「 お父さんとお風呂に入るよ 」 と呼びに行くと、母の横で娘が一人で誰かとしゃべっていた。
この子さっきからずっと一人で誰かとしゃべりょうると母が言った。
 「 なあR、誰と喋っとるん? 」
 「 ちっさいおばさん。 」
え!?ちょっとまって、それはとても怖いんですけど!!と思っていると、また娘は
 「 ・・・だから、ダメだって!だけど大丈夫? 」 などと一人でベラベラしゃべっていた。
 「 なあ、どこに ちっさいおばさんがおるん? 」 と聞くと、娘は15cm位の高さの所を指差した。
 「 ちっさ! 」 母と私は思わず叫んだ。
comment 5
07.24
Tue
昨夜、娘(Rちゃん)を寝かしつける時、ベッドに横になると窓から星が大小2つ輝いているのが見えた。
 「お母さんとRちゃんの星だね、あの星はRちゃんが生まれるずっと前からあるんよ。」
と私が言うと娘がいきなり星にいた時(?)の話を始めた。

 「お母さんもお父さんもじいじもばあばもRもかずくんもみんな星の温泉にいて、お迎えが来たん。」

―誰がお迎えに来たん?

 「女の人と女の人のお迎えが来たん。
 お母さんが温泉に入ろうとしたら温泉がピカピカなってお母さんがお母さんを怒った。」

―お母さんがお母さんを?

 「うん!それでなお母さん元気になったん。Rの頭の中がスーッと前に出たん。」

…これは(笑)何の話?私には理解不能だ。
娘の生前の記憶とかだったら面白いなーと思った。
とにかく、星の温泉がピカピカなってるなんて何てロマンチックなんだ、私にはそういう発想ができない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まおババから「たんと食ってくれ!」と、笑うほど大量(2キロ)のアメリカンチェリーが送られてきた。
デカいは美味いはデカいは。
箱に「サミット」って書いてあったので、このさくらんぼが大集結したさまの事を言ってるのか?まおババうまいこと言う~!と思ったらさくらんぼの品種だった。
前みたいに種を全部植え、実らせようと目論んでいる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


娘がジャケットで選んだとDVDを旦那さんが借りてきた。(ガンダムZZやクリーミーマミなど)

ガンダムZZは主題歌「♪アニメじゃない(アニメじゃない)アニメじゃない(アニメじゃない)本当の事さ~」
でいきなり始まって、いやいや思いっきりアニメだし!と旦那さんと笑いながら見た。

1話目は子供向け国営ビデオのような感じで今までの話のおさらい、シルエットクイズなどがあり旦那さんは大声で正解していた。
私はスーパーロボット大戦というゲームにはまっていたことがある割にはブライト艦長しか分からなかった。
1話の中でやたらアニメじゃないという主題歌が流れるので朝起きても頭の中で流れていた。

魔法の天使クリーミーマミ(渋いセレクト)もガンダム以上のぶっ飛び様、宇宙船での体験はサイケデリック以外の何ものでも無かった。
主人公の幼なじみが「俊夫」というのに時代を感じた。
comment 9
06.29
Fri
今、家には犬二匹の他にザリガニ一匹と庭の睡蓮のかめの中のメダカや金魚(子が生まれてこちらはもう何匹か把握できない)と、キリギリス的な生き物が一匹いる。

このキリギリス的な生き物、初めて会ったのは一週間前。
家のすぐ前にいた。
生き物好きの娘に 「やばッでかいのおるよ、そこ!」 と教えても、固まっているので
「逃げんように見よって!」 と娘に見張らせ、私は娘の通園カバンを地面に放り出して虫取り網を取りに行き、大げさに網をかぶせた、同時に
「とった!!」
と思わず大声が出て通りすがりの知らないおばあさんに笑われた。

とったよとったよと娘と歌いながら誰もいない我が家に競歩で入り、虫かごへINした。

娘は早速『ものしりずかん』でバッタを指差して確認、ピヨヨヨーンとか言いながらバッタの真似をして跳ねていた。
じわじわきたらしい。

帰ってきた旦那さんも母もそれぞれ、ど~れどれと虫かごを覗いて(←この見方がもう舐めてかかっとる。私の獲物を舐めんなよ!) 「デカ!」 と同じ反応をした。

私はヤブキリだと思っていたが、
「そんなんじゃない、これ絶対キリギリスよ」
「鳴き声が全然違う?鳴き初めはみんなそう!」 と母が揺るぎない自信に満ちて言い張るので、そこまで言い切るならそうかもと思う。

男子である旦那さんにも聞いてみたところ 「カマ ド ウマ?」 と言った。
有り得ない。

キリギリス(100歩譲ってカマドウマ)ということにされているその虫は、いまだに 「ギーッチョン」 とは鳴かず、 「ジジジジッ」 と鳴く。

私も子供の頃にはいろんな虫を喜んで飼っていたが、こうやって大人目線で改めて観察するとあの嫌いなゴキブリと同じに思えてきて、あまり観察しすぎるのも良くない、遠目でいこうと思った。
キュウリとかを食べている時は超カワイイんだけどね。
↓遠目でおねがいします
あなた 一体 誰?
THE DOG撮りしたかったけど、せわしなく動くもんだから横向き。

comment 10
06.03
Sun
日本一ビビリなんじゃないかと思う真央ババが、ついに赤ちゃんを産んだ。
どんだけビビリか・・・

彼女と一緒に遊園地に行った時の話。
ペアで自力でペダルをこいで遊園地全体を見下ろしながら進んでいくタイプのサイクルモノレール。
これがそのサイクルモノレールです
現物はコレ↑(※注意※写っている人物は一切関係ありません)
他に客もおらず貸切状態だったので、「こういうのは一人ずつ乗った方がスリルあるよな」と二人乗りを一人ずつ乗り、「ヤッホー!」などと振り返ってはしゃぐ彼女をビデオカメラで撮りながら私が後ろからついて行く。
しかし彼女は 「 アレ?もしかして駄目かも・・・ 」 と言った途端、高さ15m上空のレールの上でいきなり停まり、ひとっことも喋らなくなった。
どうやら急に高所恐怖症になったらしい。

さすがに可哀想なので撮影をやめ、「大丈夫?どうしたん?進める?」などとベロを噛んで笑いを必死にこらえながら私が聞くと、彼女は前を向いたままただただ首を振るだけ。
しかも現実逃避しはじめたらしく、彼女はサドルからそっと降り、お化け屋敷入り口で入場を拒絶する小学生のように、狭い足元に体育座りでうずくまった。

後ろからも押さないで!と言うので一体どうしたもんかと長い沈黙の後、ついに覚悟ができたらしく私が後ろからゆっくりゆっくり押して戻ることが出来た。

こんなにビビリだと思わなかったので、地元の遊園地に連れてきてしょっぱなから彼女に悪い事した、早めに切り上げようかなと思っていると、激しいドラム音でリオのサンバが始まった。
彼女は一気にテンションが上がってブラジル人と私と激しく踊り、元気を取り戻していた。
カズダンスまで魅せてくれたのだが。

とまあ、こんな彼女が、本当に子供を産めるのかと心配していた。
友人のうち、出産するイメージから一番遠い人だ。
しかし実際は出産ギリギリまで気丈にデザイナーの仕事をこなし、出産に余裕で臨む様子にびっくりした。

病院を揺るがすほどの叫び声だったそうだが、無事、かわいい元気な赤ちゃんを産んだ。
その知らせを聞いて本当にびっくりして、カズダンスしちゃうくらい嬉しいのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


初めて占いを作った。
構想3年、プログラムで壁にぶち当たり、イメージのものが作れないまま温め続けていた。
白目に結果を表示させる形にしたかったがそこは省略して、なんとか形に!
comment 9
05.22
Tue
水ぼうそうが治った娘作、タイトル『病気』
病気だそうだ


そして人形をいつの間にかこんな姿に…。びっくりしすぎてウカ~ッと言ってしまった。
被害者


ポポちゃん人形は以前も鼻の穴と口の中を黒マジックでドス黒くぬられた被害者だったのだが、顔は拭けば落ちる素材だったので事なきを得た。
しかしボディーは布素材なので体ごと取り替えない限り元には戻せない。
(乳首とヘソが丸で囲まれておる。)

三原順子が、「顔はやめなボディーだけにしな」と言ってたのを思い出した。



私も子供の頃、両親が大切にしていた姫ダルマの『殿』の方の顔つきが何度見てもど~も気に入らず
(あの顔でハチマキを巻いているとこが特に!)気付いたら黒の筆ペンで顔をグッシャグシャに。
母は濡れ布巾で殿のお顔をきれいにしようと必死に拭いていたが、塗りもののお顔に墨が薄く広まってよりひどいことになっていた。
もちろんこっぴどく叱られた。
顔色がドス黒く、しかも顔が薄くなった殿は無傷の姫と共に棚の上に飾られていたが、いつの間にか揃っていなくなっていた。
※姫ダルマとはコレのことです(愛媛土産らしい。マトリーショカの原型という説も。)
姫達磨


―気付いたらやってしまっていた―皆さんもこういう経験があるだろうか。
comment 5
05.18
Fri
私がご飯を作っている間に、娘(2歳)は色ペン・かるた・ままごとセットなどこれでもかと散らかしまくっていた。
もうお昼ご飯の時間なのに。

その時、娘のアンパンマンカーに付いている電話(高級車だ)に、ディズニーのあの人から電話がかかってきた。
娘 「ミッキーからだよ 」
いきなり受話器を渡された私は、ちょうどええわと 「ご無沙汰しております!ミッキーさ~ん、R(娘の名前)が散らかしまくってます~、片付けするように言うてくださ~い。」
と言い、しめしめと思いながら受話器を娘へ。
娘は受話器を耳にあてるや否や 「しませーん!」 ガチャッ

1分後またかかってきたらしい。
私 「誰から?」
娘 「ミッキーでーす」
私 「ミッキーさん、まだ片付けないんですよー、駄目ですよねぇミッキーさん! 片付けるようにもう一回言うてもらえませんかね~。」
娘 「はい! しませーん!」 ガチャッ

「はい!」という後にはてっきり「片付けます」がくるもんと思った分ずっこけた。
もうそれミッキーじゃなく私に対しての「はい」じゃないか。

主要キャラクターの力をもってしてこれだった。
結局、「片付けしないとお昼抜きにする」とか「散らかしモンスターがおもちゃ食べる」とか言ってようやく片付けさせた。

     ※

と、人の事言いつつ、畳んだ洗濯物をクローゼットの前に積みっぱなしのまま、片付けもせず只今パソコンしている。
明日しまーす。
アンパンマンカー

comment 4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。